クラゲの飼育方法

安定したクラゲ飼育の秘訣

大切にしていただきたいこと

生き物を飼育する上で大事なことは熱意だと思っています。
その生体の事をどれだけ好きか?興味があるのか、そして大事にできるかが必要だと思っています。
それがあれば自ずと創意工夫をしたり如何に状態よく維持できるか調べたりできるようになると思います。
言い換えればモチベーションですね。その想いを忘れないようにしたいですね。

クラゲ飼育の前に

大事なこととして多くのクラゲは毒を持っています。
ミズクラゲのように刺胞が短く、人間の皮膚を貫通しにくい物は痛みを感じることはほぼありませんがクラゲを触るときは必ずゴム手袋・お玉で掬うなど直接触れることをしないように注意してください。
クラゲの毒の強さにもよりますが蓄積していくと個人差はありますがやがてアレルギー(アナフィラキシーショック)を起こすことがあります。
酷くなると命に関わります。また、納豆(大豆食品ではなく納豆のネバネバが駄目らしいです。)を摂取することでアレルギーが促進されクラゲ毒だけでなく納豆でもアレルギー反応が現れるようになります。
ですのでくれぐれも慎重な取り扱いをお願いいたします。

クラゲ飼育全般について

クラゲを飼育する上でまず知っておきたいのは遊泳性と非遊泳性のものがいるということです。

非遊泳性のクラゲといえば当店で扱っているものですとサカサクラゲやハナガサクラゲです。
これらは特に水流はそれほど必要なく、むしろ強い水流があると飼育が困難になります。
一般に底面ろ過などで飼育可能で特にサカサクラゲはクラゲの中でも飼育が簡単な部類です。
クラゲ全般に言えるのですがろ過の際、吸込口に吸われて死んでしまう事故があります。非遊泳性のクラゲも同様です。

次にクラゲといえば遊泳性のクラゲが皆さん思いつくはずです。
ミズクラゲ・タコクラゲ・カラージェリー・アカクラゲなどなどです。
これらは海中に漂って生活をしています。この中ではタコクラゲとカラージェリーは遊泳力が高いので泳ぎ回りますが、止水で飼育するとやがて弱ってしまいます。
ミズクラゲやアカクラゲなどに関しましては遊泳力が低く、水流が無いと水槽の底に沈んでしまいいずれ衰弱して死んでしまいます。
ですので基本的に遊泳性のクラゲに関しましては適切な水流が必要となります。
クラゲが沈まない程度のゆっくりとした水流が望ましいです。ただ、こちらも吸込口から吸われてしまわないように工夫が必要です。

次に水温についてですがクラゲの種類にもよりますが30度以上の水温はクラゲが短期間で死んでしまいます。
水温を上げるのはヒーターで簡単に維持できますが、水温を下げるのは冷却ファン以外ですと水槽用クーラーなど高価な機材が必要な場合があります。沢山水槽をキープされている方でしたらエアコンと冷却ファン併用で真夏を乗り越えられると思います。
中には冷水に棲むクラゲもいますので気温によっては水槽用クーラーが必要な場合があります。

餌についてですが、基本的に多くのクラゲはプランクトンを捕食しています。クラゲの大きさや種類によりますが主にブラインシュリンプと呼ばれる一種のエビの幼生を孵化させて与えます。冷凍されたものもありますがやはり生きたものを好んで食べます。

アカクラゲや、シーネットル・オワンクラゲでは自然界では多種のクラゲを捕食していますが飼育下では、食用ムキエビ・釣り餌のアミエビ・シラス・貝類などのミンチやブラインシュリンプアダルトサイズなどを与えています。

ウリクラゲはクラゲしか食べません。

クラゲ飼育全般について2

一部共生藻を持つクラゲについてですが、一般に流通しているのはサカサクラゲ・タコクラゲ・カラージェリー(カラージェリーには共生藻がいないという意見もあります)がいます。
これらは体内に光合成をする微生物を共棲しており栄養補給をしています。ただし、これだけでは不十分でやはり餌の供給が必要です。
これらのクラゲは光が必要ですが、ただ光を当てればいいというわけではなく光合成に適した光源が望ましいです。
サカサクラゲ・タコクラゲはアルテミアの幼生をそのまま与えていれば飼育可能ですが、カラージェリーは根口クラゲの中でも口が小さいようで餌の摂取がしにくいようです。入荷個体にもよるのですが効果的な給餌はアルテミアの幼生を乳鉢ですりつぶして与えると良いようです。また、ベトナム産のアルテミアは栄養価が他より高くこぶりなため有効かと思われます。


メジャーな5種類のクラゲ達

現在ショップやネット通販などで
一般的に扱われているのは、
恐らく以下の5種類になるかと思います。

【ミズクラゲ】

皆さん一番認知度の高いクラゲかとおもいます。
遊泳性のクラゲでは最も飼育しやすいメジャーな種類です。
遊泳力が低いので水流に気を付ける必要があります。
繁殖も可能な種類です。食欲は大盛でアルテミアの幼生を好んで食べます。
飼育自体は楽なのですが、整った形を維持するのは難しいです。

【サカサクラゲ】

その名の通り逆さになって極稀にしか泳ぎません。
非常に飼育しやすく入門種として適しています。
褐虫藻という藻類を体内に共生しており光合成によって栄養を得ています。
しかし、えさも必要で光合成のみでは弱ってしまいます。
ライトは昼白色の3波長の物が手ごろでしょう。

【タコクラゲ】

タコを連想させる可愛らしいフォルムのクラゲです。
水玉模様でとても人気のある種類です。
飼育しやすい方で褐虫藻を持ち光合成をし、えさを与えることで成長していきます。
遊泳力は強いですが多少の水流は必要で止水では次第に弱ってしまいます。
夏に現れるクラゲです。

【カラージェリーフィッシュ】

タコクラゲに似ていますが全く異なる種類です。
様々な色があり、タコクラゲと混同しないようにカラージェリーと呼んでいます。
個人的には難易度が若干高めかと思います。
遊泳力はとても強く、止水でもよく泳いでくれますがやはり長期的にみると水流は必要だと思われます。
カラージェリーもまた、褐虫藻を持っているといわれており強めの照明が良いとされています。

【アカクラゲ】

皆さんにおなじみのさされるととても痛いアカクラゲです。
悪いイメージはありますが飼育はかなり簡単な方で、えさをよく食べてくれて丈夫な種類だと思います。
水質悪化・栄養の偏り不足等で傘が反り返りやすくそこさえ気を付ければ優雅な姿を手軽に楽しませてくれます。

クラゲ飼育の必需品

餌・照明・海水等の飼育必需品紹介

「生体」と「水槽」が揃ったからと言っても、これだけではまだクラゲを飼育することは出来ません。他にもいくつかのアイテムが必要になってくるわけですね。
そこでここからは、クラゲの飼育に必要不可欠なものを一挙にご紹介していきます。海水の素や餌についてはどのクラゲにも一概に必要と言えますが、その他のヒーターや照明に関しては飼育するクラゲの種類によっては必要になりますのでご注意ください。

・人工海水の素

海の近くにお住まいで天然海水が簡単に手に入る方以外は必需品となります。
食塩ではダメで成分調整された専用の塩となります。
一定の水量に対し決められた分量を溶かすことにより海水を作ることができます。仕上げは比重計を使用して海水濃度を調整しましょう。
様々な銘柄が売られていますがメジャーなものならば特に問題はないかと思います。
個人的にはレッドシーソルトを好んで使用しています。

・クラゲの餌

クラゲにももちろん餌は必要です。自然界では小型のプランクトンを捕食しているため、なるべくそれに近しいものを選んであげると良いでしょう。
また、クラゲは非常に大食漢なため、毎日餌を与えなければ日に日に小さくなっていってしまう恐れがあります。
しかし、餌を与えるということはつまり水が汚れてしまうということ。水質に敏感な彼らにとってはこれも問題です。
だからといって餌の量を少なくするのではなく、水換えの手間など、それら全て含めて可愛がってあげて下さい。

・照明

サカサクラゲ、タコクラゲ、カラージェリーフィッシュは体内に褐虫藻と言う藻類を共生させているため、光合成をします。
もちろんそのためには「光」が必要不可欠。3波長の白色光が無難だと思われます。植物育成用の光源もいいかもしれません。
その他の褐虫藻を持たないクラゲに関しては強すぎない好みの光源でよいかと思います。

・ヒーター

サカサクラゲやタコクラゲ、カラージェリーフィッシュなど、温帯域に住むクラゲの種類によってはヒーターが必要になります。
ヒーターは主に、「サーモスタット内蔵タイプ」と「サーモスタットに接続が必要なタイプ」の2種類が存在します。
「サーモスタット内蔵タイプ」には所謂温度固定オートヒーターと温度可変一体型ヒーターの2種類があります。
価格が安価でコンパクトなものが多いです。200wまでのものが多くクラゲ飼育では100w以内で収まるケースが多いでしょう。
「サーモスタットに接続が必要なタイプ」はサーモスタット別体でヒーターを接続して使用します。200w以上の出力が必要な時、細かい温度調整が必要な時、水温センサーとヒーターを離して設置したときに有効です。
状況により使い分けるとよいでしょう。